【注意】寝ても寝ても眠い30代女性の原因であるストレスに隠された欲求

【注意】寝ても寝ても眠い30代女性の原因であるストレスに隠された欲求年代別

寝ても寝ても眠い30代女性の原因は、様々な要因がかんがえられますが、「ストレス」が最たる原因であると考えています。

慢性的な症状として寝ても寝ても眠いと感じる場合は、なおさらストレスを疑うべきです。

20代から社会人生活を過ごし、仕事にも慣れて貯金もできてくることで、プライベートでできることの幅が広がり、理想に向けた欲求が芽生える時期が30代であると考えています。

もちろん、30代と言うイメージに囚われて理想が芽生える場合もあります。

その結果、30代は人生の中で、落ち着いた時期でもあり、目まぐるしい変化が起こる時期でもあると言えます。そのため、ストレスを抱えやすい状態が続くと予想されます。

そこで今回は、寝ても寝ても眠い30代女性に起こる「ストレス」と「欲求」について調べた結果と解決策をご紹介していきます。

「30代」に蔓延るイメージの中に隠された偽りの欲求について知ってもらえると幸いです。

この記事は以下の人におすすめ
・寝ても寝ても眠い原因がストレスであると感じる人
・30代になって日常生活における悩みが増えてきた人
・30代女性が感じるストレスの原因と欲求を知りたい人
・30代女性が感じるストレスの解決策を知りたい人

30代を迎えると同時に訪れる欲求とストレス

30代を迎えると同時に訪れる欲求とストレス

社会人生活を過ごすことで社会人としての自分がある程度定まり、モノの見方や考え方が落ち着いてくることで、自分の人生について言及し始めるのが30代です。

人生について言及することによって生まれる「自分の人生」を定めていく過程で、様々な欲求が生まれて満たそうとする強い意志が働いてきます。

例えば、結婚、友人関係、他人との優位性、質の高い生活、etc

20代の頃にも、マズローの欲求5段階説によると、これらの欲求は働きかけてきますが、あらゆる障害に立ち塞がれて満たせないまま終わることが多いとされています。

ですが、30代となり、時間とお金にある程度の余裕が見えたと実感する時期にきて、また、結婚や友人関係と言った欲求は強い意志と共に現れてきます。

あらためて自分を振り返ることで、欲求を満たす可能性を見い出せたからです。

しかし、これらの欲求は努力が実るとは限らず満たしにくいもであるため、欲求不満となり多大なストレスとなってしまいます。

特に、女性は他人からよく見られたいと言う思考が強く、自分の人生を相手からどう見られるかで判断してしまう傾向にあるため、自分で判断して決めることができない分、欲求を満たしにくい傾向にあるとされています。

それを裏付けるかのように、厚生労働省の「生活基礎調査」によると、日常生活による悩みやストレスがある人の割合は、30代から50代が高く、男性が約5割、女性が約6割とされています。

厚生労働省の「生活基礎調査」

参考:悩みやストレスの状況 – 厚生労働省「生活基礎調査」

もちろん、仕事や人間関係によるストレスなども考えられますが、「自分の人生」を考えだす30代にとっては、さらに大きな負荷になります。(仕事や人間関係によるトラブルは理想の人生ではありません)

ストレスは寝ても寝ても眠い症状の最たる原因

ストレスは寝ても寝ても眠い症状の最たる原因

寝ても寝ても眠い症状の最たる原因は「ストレス」です。

科学的に説明すると、

  1. ストレスによりイライラや発汗などにより呼吸が乱れる
  2. 活性酸素が過剰に発生して細胞を傷つけてしまう
  3. 傷つた細胞を修復しようとする
  4. 修復しきれなかった傷ついた細胞の疲労因子が脳へ伝達
  5. 脳が疲労を訴え睡眠作用を引き起こし眠りを誘う

となります。詳細は下記の記事をご参照ください。

社会人における睡眠障害の最たる理由が「ストレス」とされているため、ご存じの方もいらっしゃるかと思います。

がむしゃらに走ってきた時期から、落ち着いて人生を考え始める時期である30代の方が、よりストレスを溜めやすい傾向にあると考えています。

個人的な話ですが、私も30代になってきてから、ストレスを顕著に感じるようになり、うつ病を再発させたりした経験があります。

寝ても寝ても眠い30代女性に必要な考えと行動

30代女性がどのようにして理想の人生とのギャップを埋めていき、ストレスを減らしていき、寝ても寝ても眠い症状を克服していくか。

その方法を下記に記します。

その1:実現に向けて努力をする

実現に向けて努力をする

とにかく実現に向けて努力を積み重ねるしかありません。真剣に培ってきた経験と知恵を振り絞って、その欲求を解決してください。

インターネットがある私たちの世代は、色々なツールを使用して、様々なアプローチを行うことができます。もちろん、あなたを狙った悪質な詐欺もあります。

その中でも、諦めずに行動を起こしていくしか方法がありません。

諦めずに行動を繰り返すことによって、自分が見えてくると共に、新しい価値観や考え方が芽生えてくるはずです。

行動を起こす→新しい価値観が芽生える を繰り返すことによって、自分の人生を理想から現実へ変換させていくことにより、徐々にハードルが下がり、ストレスも軽減していくことが理想的な流れです。

その2:違う生き方を知る

違う生き方を知る

あなたの考え方や価値観と違う人の生き方に触れて理解することで、新たな考え方や価値観を見出すことをおすすめします。

この世の中で世界の大きさを知り世界の全てに触れた人は誰ひとりとしていません。

全てを知ったことがないからこそ、色々な考え方や価値観や文化が存在するわけです。

それらの違ったモノに触れることで、自分を生まれ変わらせることで、自分の人生設計が変わり、不要なものをそぎ落とすことで、ストレスの軽減をすることができます。

違う生き方を知ることは、寝ても寝ても眠い30代女性の解決策としては、かなり効果的な内容だと考えています。

あらゆる人から学んだ価値観や考え方に紛れ込んで隠されてしまった「あなたの本質的な価値観や考え方」を掘り起こすことにも繋がります。

30代からは、自分の人生のために、自分が持つ本心を掘り起こすための時間なのかもしれません。

その3:友人を変える

友人を変える

「その2:違う生き方を知る」で、自分の価値観や考え方が変わった人には効果抜群です。

今まで付き合ってきた友達との関りを断つか減らすかしてください。

今まで付き合ってきた友達は、変わったあなたの価値観や考え方を基に戻してしまう可能性があります。そのため、変わった価値観や考え方がゆるぎないものへ変わるまでは避けていく方が賢明です。

あなたは、今までの考え方や価値観のせいで、満たされない欲求を抱えてしまい、苦しみ、ストレスを溜め込んでしまい、寝ても寝ても眠い症状を引き起こしたはずです。

自分の人生に向けた新しいスタートを切るためにも、付き合ってきた友達も変えることが良い方法であると考えています。

[注意]
いくら友達を変えると言っても「親友」だけは変えないでください。
あなたのよき理解者なら、あなたの変化も享受してくれますし、間違っていたら叱ってくれます。
親友より価値のあるものなんてこの世に存在しません。
まぁ、言わなくても分かっていますよね、ふつう。。。

その4:休息を取る

休息を取る

これはとても重要なことです。

焦らずにしっかりと変化を感じながら行動していくことがとても重要です。うつ病などの精神疾患の時は、まず、しっかりと休息を取ることが最優先となります。(経験談)

休息では体を休めるだけでなく、情報を整理する効果も期待できます。

特に女性の場合は、30代になると結婚やキャリアプランなど、時間を気にして焦って行動をして、無理やり決断してしまいがちだと言われています。

焦って無理やり決めてしまうと、今までの全ての事が水の泡になってしまいかねません。

心理学や周りの声に誤魔化されないでください。あなたが思う欲求のほぼすべてに期限なんてありません。あなたが勝手に期限を決めて焦っているだけです。

よく見てください。えっ!って思う人が結婚してたり、活躍してたりしませんか。(小梅太夫とか。。。)

【注意】全てはフォーカスイリュージョンです

【注意】全てはフォーカスイリュージョンです

自分の人生を見つめ直す時や他人から価値観や考え方を教わった時に、その考えがなぜそこにあったのかの原点を辿ると全てが言われ伝えられてきたことに気づきませんか。

「結婚すると幸せになる」「安定した企業に就職するために勉強しなさい」「夢のマイホーム」など。

まだ、考える力や社会と言うものが見えない内から、親、先生、友人、テレビ、CMなどで様々なことを聞かされて、それが良いと錯覚してしまい、錯覚が拭い去れないまま大人になっている。

これらは、脳科学者である茂木健一郎氏によると「フォーカスイリュージョン」と呼ばれています。

フォーカスイリュージョン
必ずしも幸福に直結しないものを過大に評価し、それを追い求めてしまう傾向

周りが言うからと言う理由でその物事を過大評価してしまい、それを理想であると認識してしまうが故に、自分の持つ本来の理想が他人の理想へとすり替わり、幻想を追い求めてしまう状態の事を指します。

フォーカスイリュージョンは、全ての人間に当てはまりますが、年齢を重ねていくうちに、自分の心と向き合い始め本質と出会うことで、この幻想を見破り、真実の幸福を目指していくことができます。

自分の心と向き合いはじめ本質と出会う時期が、ちょうど、大人となり人立ちして、仕事もプライベートも落ち着きだした30代であると言えるのです。

とはいえ、フォーカスイリュージョンの幻想に踊らされ続けている人もいます。

30代女性のストレスに隠された欲求は「幻想」

ここまで話を読んでいただけた方はお気づきかと思いますが、寝ても寝ても眠い30代女性の原因となるストレスに隠された欲求は、「幻想」なのです。

もちろん、一概には言えません。

しかし、否定もできないのではないでしょうか。

一方、人間の持つ本能である「種の保存」「集団欲求」に当てはめることも可能ではありますが、フォーカスイリュージョンに当てはめた方が理論的であると考えています。

結婚は幸せ。お金持ちは幸せ。イケメンと結婚したら幸せ。

子供の時と比べて大人になったあなたにはどのように映りますか。少しでも矛盾を感じるのであれば、幻想を抜け出せつつあるのかもしれません。

寝ても寝ても眠い30代女性の原因がストレスにあるとお考えの方は、幻想に隠された自分の本質を見つけるための行動をしてみてください。

本質にこそ真実があります。(なんか、占い師みたいになってる?なってない?)

コメント

タイトルとURLをコピーしました