腰や背骨が痛い原因は睡眠の質!?モットンマットレスで人生を変える!

腰や背骨が痛い原因は睡眠の質!?モットンマットレスで人生を変える!閑話

腰や背骨が痛い原因のひとつとして寝る姿勢が考えられます。

寝ている時は腰に体重の40%~50%の負担がかかっていると言われています。そのため、寝姿勢にもよりますが、背骨が曲がっていたり反っていたりすると、腰で40%~50%ある負担を持ち上げることとなり、負担はさらに加速していきます。

整骨院や病院などで治療をしてもらっても、寝る姿勢が悪いと痛みが再発してしまう可能性が大いにあります。

それを物語るかのように、多くの人が腰痛や背中の痛みなどを感じた時に、寝具を変えようとマットレスや枕を購入しています。
(父の日、母の日、敬老の日のプレゼントで、よく枕やマットレスがランキングに挙がっているを見ます。)

そこで今回は、腰や背骨の痛みの原因のひとつ「寝る姿勢」に焦点を当てて、負担の少ない寝る姿勢とお勧め寝具のご紹介をしていきます。

正しい寝姿勢とは

結論から申し上げますと「自分に合った姿勢」を見つけてください。

これは、背骨や骨格は個人差があり、全く一緒である人などいないからです。

もちろん、全く違う人もいませんが、人それぞれにある背骨や骨格の「その小さな違い」が腰痛や背骨の痛みを発症するかしないかの引き金になります。

ここでは、正しいとされる寝姿勢の一般論をご紹介します。

仰向け寝

仰向け寝

仰向け寝は腰への負担が一番少ない寝姿勢だと考えられています。

仰向けの場合は、布団に接している面積が広いため、その他の寝姿勢よりは圧力が分散されて、血管への圧力も分散されるので、最も良い姿勢とされています。(個人差はもちろんあります。)

しかし、仰向けで寝た場合でも体重による負担が腰周囲の筋肉や骨などに掛かりますので、腰周囲の血管が圧迫され、腰への痛みが発生することがあります。

寝返りなどをして腰周囲にかかる圧力を分散させて負担を軽減することができますが、寝具が自分に合ったものでないと、寝返りが打ちにくい状態になり、腰への負担を軽減させることができません。

また、女性に多い反り腰の場合は、布団と腰の間に隙間ができることで、腰の支えがなく腰周囲にさらなる負担をかけてしまい、腰の痛みを悪化させてしまう場合があります。

腰や背骨の痛み対策

座布団を丸めたくらいの高さのクッションを膝下に置き、膝を丸めることで腰が丸まり反りを和らげるのがポイントとなります。
腰を布団に当てることで腰に支えを作ってあげることで、腰への負担を和らげるようにして挙げてください。

横向き寝

横向き寝

横向き寝は体がお布団に接している面積が少ないため、かかってくる負担が最も大きいとされています。

特に、右側(心臓を下にする)を向いての横向き寝の場合は、大動脈や心臓が圧迫されてしまうため、重大な病気になる可能性があります。

しかし、左側を向いての横向き寝の場合は、リンパの流れを良くすることが分かっており、血行を促進して、寝つきが良くなったり、安眠効果を得られると言われていますので、悪い寝方ではありません。

また、血行が促進されることにより腰の痛みが軽減されることも十分にあり得ます。

ちなみに、横向き寝はかかる負担は大きいので、左右どちらの横向き寝でも、背骨や骨盤の歪みを引き起こす原因にはなりますのでご注意ください。

腰や背骨の痛み対策

左側を向いて横向き寝をするようにし、体を丸めるようにして眠るのがポイントとなります。人間の関節は、曲げ伸ばしの中間位が最もリラックスしやすい角度と言われています。
また、腰の間に隙間ができる場合は、タオルや座布団なので隙間を埋めて支えを作ってください。

うつ伏せ寝

うつ伏せ寝

うつ伏せ寝は腰椎が反りかえった状態となり腰への負担が大きくなります。

仰向き寝と同様に布団に接している面積が多く負担を分散させる効果がありますが、背骨を上にして寝ることになるため、背骨にかかる負担が大きく、反りかえらせてしまう可能性があります。

しかし、おなかを圧迫することで横隔膜を下がり呼吸がしやすくなったり、呼吸がしやすくなることで、酸素供給が効率よく行われ血行が良くなるなど、横向き寝と同じようなメリットもあるそうです。

腰や背骨の痛み対策

一般的に対策と言われるものがありませんし、私もうつ伏せ寝はあまり経験がありません。。
しかし、四つん這いの状態を作って寝ることで、腰や背骨の痛みが軽減される可能性があります。その場合は、四つん這いで寝た時の隙間をタオルや座布団などでうめるようにすることがポイントとなります。

参考:寝る姿勢はどれが良い? – ショップジャパン

参考:腰椎椎間板の夜の痛みに楽な寝方や姿勢 – 吉田整骨院

寝る姿勢を支える寝具がポイント

寝る姿勢を支える寝具がポイント

腰や背骨の痛みを寝る姿勢で解決しようとする場合は、基礎となる寝具選びが非常に重要となってきます。

寝具は、寝るときにかかる負担を分散させる基礎を作ってくれる重要な土台です。寝る姿勢や寝返りで負担を分散させたところで、土台がしっかりしていないと効果がありません。

寝具と言う土台をきちんと作らず、寝る姿勢や健康法など簡単な方法にしか目を向けないから、多くの人が睡眠障害や疲労の蓄積、体の痛みを訴えてしまうのです。

勉強でも仕事でも何事でもそうです。「基礎作り」がしっかりできていないと、どんなことにも結果はついてきません。

努力が水の泡になります。

そのため、腰の痛みや背骨の痛みを本気で解決したいと思うなら、「寝具」をしっかりしたものに変えてから、寝る姿勢を整えていくようにしてください。

私も腰痛の経験者で苦労や苦痛がよくわかります。だからこそ、言いたいのです。

お願いです。寝具を変えてください。人生が変わります!!!

もちろん、高い寝具を買っても合わないなんて経験も良くしています。こればっかりは、使ってみないと分かりません。誰にもわかりません。。。

しかし、諦めないでください、自分に合う寝具があれば、人生が変わるのです!!

腰や背骨の痛みを解決するモットマットレス

腰や背骨の痛みを解決するモットマットレス

そこで今回ご紹介する商品は「モットンマットレス」です。

私も愛用しているのですが、この商品のおかげで腰痛の痛みを和らげることができただけでなく、疲労の回復にも効果があり、朝の目覚めがよくなり、1日のパフォーマンスが向上したことを実感できました。

モットンマットレスの魅力は下記の記事でまとめていますのでご確認ください。

ここまで条件の揃ったマットレスを私は知らない

長年マットレス選びで苦労してきましたが、ここまでマットレスを柔軟に選べて価格が安くコスパの良いマットレスを私は知りません。

売り上げ実績やメディア、使用者の評判も良く、ここまで、購入に期待が持てるマットレスは滅多にお目にかかれません。

詳細は公式ホームページをご確認ください。

【モットン】公式サイトはコチラ

腰や背骨の痛みを寝具で改善したいなら、まずは「モットンマットレス」を試してみてはいかがでしょうか。

腰や背骨が痛い原因を別のアプローチで解決するなら

腰や背骨が痛い原因を別のアプローチで解決するなら

腰や背骨の痛みを別のアプローチで解決するなら抗酸化技術で体の老化防止や疲労の超回復を実現する「DENBA」をお勧めいたします。

DENBAは抗酸化技術により、体の酸化を防ぐことで、老化防止や疲労の超回復を実現できる商品となっております。

一見、腰や背骨の痛みと別件と思われますがそうではありません。

老化防止や疲労の超回復を実現できると言うことは、日々、衰えていく体の各機能の働きを活性化させて、体のあらゆる問題の改善効果を高めることに繋がります。

その結果を裏付けるかのように、DENBAでは体調不良・肩こり・肌トラブルをはじめあらゆる問題の改善に効果があったと言う報告が挙がっています。

価格が高いこともあり、実際に使用されている方が少ないため口コミは少ないですが、多くのアスリートや大学などで使用されており、様々な問題を解決していることが話題になっています。

DENBAは、腰や背骨の痛みに直接効果が期待できると共に、間接的な問題にも効果を発揮することで、腰や背骨の痛みの改善の可能性をさらに高めてくれることが期待できます。

本気で腰や背骨の痛みを治したい方は、マットレスなどの負担の軽減での解決ではなく、科学的な技術で治療していく方が早期解決につながるかもしれません。

腰や背骨が痛い原因は自宅で治療できる

現在、世の中にはたくさんの商品があり、自宅で様々な事が行えるようになりました。

腰や背骨が痛い場合は、整骨院や病院に行くのも大変ですよね。。。整骨院や病院で痛みが和らいでもいつ再発するか。。。その恐怖は経験しているのでよくわかります。

その恐怖を少しでも和らげるために、自宅に解決手段を持つことはとても良い方法で、精神状態の安定にも繋がります。

そのためにも、あらゆる商品を手に取って試してみることをおすすめいたします。

腰や背骨の痛みが改善されれば、子供と遊べたり、登山をして綺麗な景色を見に行けたり、生活の豊かさや行動範囲が疲労がってきます。

人生を豊かにしてくれること間違いありません。

人生を豊かに楽しく生きていくためにも、お金で解決できるのであれば投資した方が良いと考えております。

人生は一度きりなので。。。

コメント

タイトルとURLをコピーしました