【押さえておきたい】理想のマットレスの選び方

【押さえておきたい】理想のマットレスの選び方メカニズム

マットレスは、種類も豊富でどれを選べばよいか分からず、口コミの評価だけで判断して購入していることはありませんか。

確かに、口コミは使用者の意見、レビューですので、口コミを見れば、その商品に対する一般的な効果や尺度を知ることができます。

とはいえ、口コミで散見される意見でもあり、私個人の意見でもありますが、

「結局、使ってみないと自分に合っているか分からない!」

と言うことです。

そこで、今回は、口コミだけを過信せずに、より自分に合ったマットレスを見つける選び方のポイントをご紹介していこうと思います。

この記事はこんな人におすすめ
・理想のマットレス選びのポイントを知りたい人
・マットレス選びが重要であることを知りたい人

マットレス選びの重要性

マットレス選びの重要性

人間のライフサイクルにおいて、睡眠は、脳の記憶を整理したり、体を休めるこうかがある唯一のサイクルです。

さらに、人生の3分の1が睡眠と言われていることからも、睡眠時間は人間において重要な位置づけあることが分かるかと思います。

そんな重要な時間を支えるのがマットレスとなります。

睡眠時の姿勢は、立った時の姿勢と同じになることが最も望ましいとされていまが、体には凹凸があるため、立った時の姿勢をキープした睡眠姿勢を取ることが難しいです。

また、寝ている時と立っている時の重力や負荷のかかり方も異なるため、体の凸凹のせいで、腰が浮いていたり、首が曲がっていたりすると、呼吸がしずらくなったり、腰が浮いていると腰に負担をかけて腰痛になったりする可能性があります。

そんな睡眠時の姿勢を支えるのがマットレスとなります。

多くの人が体の不満や変化を薬や治療で回復しようとするため、睡眠の質についてあまり考えていません。しかし、体の不満や変化が発生してしまう根本的な原因は睡眠にあります。

老化による衰えから来る疲労や病気に対抗できる人間の行動は睡眠だけです。

体の変化や不満は、疲労の蓄積や老化により発生する過剰な活性酸素が起こす「細胞の酸化」から来ます。

この細胞の酸化こそ、体の変化や不満の引き金となっており、細胞の酸化を防ぐことができるのは睡眠だけであることを知っておいてください。

マットレス選びのポイント

マットレスを評価するポイントは、どの用途で使用するマットレスでもほとんど同じです。

マットレス販売サイトの内容や理学療法士監修のサイト、整体師さんの意見を見る限り、95%同じであると考えられます。

参考:腰痛マットレスの評価基準

1.体圧分散

1.体圧分散
1.体圧分散

マットレス選びに最も重要なポイントであるのが体圧分散です。

肩、腰、お尻など、寝た時に体を凸凹させてしまう部分の圧力を弱く、背中や足などの体の水平に保つための基礎となる部分の圧力を強くするなど、細かい調整により、立ったままの姿勢を寝た時に保てるようにする基準が体圧分散となります。

結局、体圧分散は、その人の骨格や体重に依存するため、一般的な物差しで測るのがとても難しく、オーダーメイドマットレスでない限り、理想の体圧分散が実現できるマットレスはありません。

そのため、一般的な物差しで見て購入したうえで、タオルやクッションなどで補強することで、理想の体圧分散を目指すことが効率的で賢い選択であると考えます。

体圧分散が理想的なものかどうかの基準は、「体への負担」「寝返りのしやすさ」で判断することができます。

一部のマットレスでは、「ポケットコイル」と呼ばれる伸縮素材で、体圧分散を図っているケースもあります。その場合は、ポケットコイルの多さが体圧分散を図る基準となります。

しかし、ポケットコイルの伸縮力によって、寝心地や立ち上がりにくいなどのことが想定されますので、ポケットコイルの多さだけを過信するのもダメです。

圧力を支えるマットの硬さについては、下記の指標が一般的な考え方とされています。

[余談]
腰痛の方の場合は、足の曲げた状態をキープすることで、腰が浮くのを防ぎ、腰にかかる負担を軽減することが望ましいと言われていますが、体圧分散がきちんとできていれば、足を曲げた状態をキープする必要はありません。

・立ったままの姿勢をキープするうえで重要な指針
・理想の体圧分散は一般のマットレスでの実現は難しい
・理想の体圧分散は「体への負担」「寝返りのしやすさ」
・一部のマットレスは「ポケットコイル」が体圧分散の指標になっている

2.底つき感

2.底つき感

底つき感とは、寝た時に、体が床による硬い圧力を感じるかの指針となります。

マットレスにある程度厚みがないと、床によって圧力分散を阻害されてしまいます。

また、体重が重い人は、一般的な厚みのマットレスを購入してしまうと底つき感により、体圧分散がうまくいかず、逆に体を痛めしてしまう可能性があります。

理学療法士の意見によると、成人男性を支えるのに必要な厚さは10㎝以上必要で、低反発マットレスの場合は、反発力が低い為、12㎝以上は必要と言われています。

・床による硬さを感じるかの指針
・床の硬さは圧力分散を阻害する要因になる
・成人男性は厚さ10cm以上、低反発マットレスは12cm以上

3.寝心地

3.寝心地

寝て時の快適さや心地の良さを表す指針です。

材質やマットレスなどの反発力にもよりますが、感じ方は人それぞれであるので具体的な指針はありません。たまに、臭いが気になるなどの意見もあります。

快適さや心地の良さは、気持ちの問題でもありますが、不快に感じるとストレスに繋がり、体内の睡眠作用を阻害する恐れがあります。

そのため、睡眠の質を左右する基準であることは間違いありません。マットレスに求めているのは、睡眠の質である以上、見過ごせない基準となります。

理学療法士の意見では、2~3ヶ月は使用してみないと判断できないと言われています。

・寝た時の快適さや心地よさを表す指針
・感じ方は人それぞれなので具体的な指針はない
・2~3ヶ月は使用してみないと分からない

4.ヘタり具合(収納性)

4.ヘタり具合(収納性)

マットレスを使用し続けた時に、厚みが減ったり、マットに寝跡がついたりするかの指針です。

厚みが減ったり寝跡がつくと、体圧分散へ影響を及ぼします。マットレスは高額な商品であるため、長年使い続けられることも重要な基準となってきます。

睡眠時には汗をかいたり、寝返りを頻繁にするため、通気性が良く、耐久性の高いマットレスであるかを確認することをおすすめいたします。

この手の判断は、販売サイトの説明文よりは、口コミでユーザのレビューをしっかりと確認した方が良いと考えています。

・使用し続けた時のマットレスの形状の変化を表す指針
・厚みが減ったり寝跡が付くと体圧分散へ悪影響を及ぼす
・販売サイトの説明ではなく口コミレビューを参照すること

マットレス選びを失敗しても諦めないでください

マットレス選びを失敗しても諦めないでください

マットレスはあなたのために作られたわけではありません。一般的な調査を元に汎用的に作られたマットレスです。

そのため、そのマットレスが理想のマットレスになれることは、よほど運が良くない限りあり得ません。

マットレス単体でだけで、理想を追求するのではなく、タオルやクッションなどの付属で補うことで理想のマットレスを実現していきましょう。

マットレスは高価な商品であるため、約3ヶ月の返金保証のついた商品が非常に多いです。

試用期間の間に、理想のマットレスに向けて試行繰り返し、ダメなら次のマットレスへと切り替えることが賢明で効率的な方法であると考えています。

面倒くさいですよね。

ですが、理想のマットレスを実現できた時の効果は、面倒くさいことを繰り返した労力以上の見返りをあなたへもたらしてくれます。

仕事、プライベートのパフォーマンス、健康、意欲など、新しい自分へ生まれ変わることができると言っても過言ではありません。

寝ても寝ても眠い休日が意欲的な休日へ変われば、やりたいことができ、気持ちが満たされ、充実感がうまれ、人生の質が上がります。

個人的な意見ですが、理想のマットレスを手に入れれば、毎朝が意欲的な気持ちとともに充実感を感じられることは間違いありません。

諦めないで積み重ねて、理想のマットレスとを見つけてほしいです。

短期で睡眠による効果を実感したい方は

マットレスで睡眠の質を上げることで得られる効果は、即効性がなく続けていくことで徐々に実感できることが多いです。

なぜなら、体内の機能による回復は自然な力で働くからです。

ですが、体の内側だけの改善でなく、外側からも改善に向けた取り組みができれば、即効性はなくとも倍のスピードで早期に解決できると思いませんか。

外側からの改善を実現したのが「denba health」です。

抗酸化技術と言うものを利用して、外気の酸素の酸化を抑制して、体にたまる活性酸素を抑えることができる商品です。

ここでは詳しく話しませんが、抗酸化技術により、体の老化や疲労の原因を防ぐことができるのです。

そして、若く健康な体を保ち、疲労を抑えることにより、そこに使う体の労力を他へ使うことで、体の回復力を高めることが期待できるのです。

詳細は下記をご参照ください。

denba healthは知名度も使用者もまだまだ少ないですが、すでにアスリートや大学、整体師などが使用しており、効果を実感している、期待度の高い商品になっています。

使用者の口コミを参照したい方は下記をご参照ください。

denba healthは未来を変える商品であると私は信じています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました